閉じる
  1. クリニック 集金人に騙されて時効になっていないNHK受信料を払いたくな…
  2. NHK受信料契約はクーリングオフできる!悪質集金人の手口とその対策を大…
  3. NHK受信料をクレジットカードで払っていて解約する際の注意点
  4. NHKの解約手続き用の電話番号を教えちゃいます!
  5. NHKを解約して受信料を払わずに試聴する唯一の方法
  6. NHKの職員が契約の確認で訪問してくるまえに準備すべきこと
  7. NHKの契約をしたけどもう見ない!ストレスフリーな解約方法を指南
閉じる

NHKの虎

NHK受信料をクレジットカードで払っていて解約する際の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NHKの受信料の支払い方法にはいくつかの種類がありますが、比較的多く利用されている方法の一つとなるのがクレジットカードを利用した支払いです。特にクレジットカード会社によっては公共料金の支払いであってもポイントが付与されることもありますから、そうした点を魅力に感じて、クレジットカードで支払うという方法を選ぶ人は少なくありません。

ただ、こうした人がNHKの受信料契約を解約するということになると、やや難しい部分が出てきてしまうということは覚えておかなくてはなりません。

では、どうしてNHKの解約が難しくなるのかというと、クレジットカード払いの場合は、クレジットカードの所有者の意思と関係無く、請求がされたのであれば引き落とし(支払い)がされてしまうからです。銀行からの引き落としであれば特定の団体に対する支払いを拒否するというような申し出をすることが出来ますが、クレジットカードの場合、相手が違法な団体でも無い限り行うことはできません。

そのため、解約の手続きが長引いたりしてしまうと、料金が勝手に引き落とされて返金されるのを待たなくてはならなくなるのです。また、実家に帰って世帯が統合されるというような場合であればさほど問題にはなりませんが、世帯の統合がされない状態で契約だけが破棄されるというようになると、NHKとしては「本当に受信設備が無いのか」ということを確認したいと考えるようになります。通常、一度契約がされた後でテレビを捨てるということはあまりあることではありません。

NHKとしても、一度契約をしたのだから突然テレビが無くなるというのは不自然だと考えますから、確認が取れるまで請求を停止しないということもあり得ます。

そうした場合にクレジットカードで支払っていると請求を拒むすべが無くなりますので、契約破棄を考えているのであれば先に支払方法をコンビニ払いなどに変えておくのが無難なのです。

時には支払方法変更の理由を聞かれることもありますが、基本的に支払方法の決定は消費者に一任されていますから、それで変更が断られるということはまれでしょう。

よく読まれている記事

関連記事

  1. 「二の腕のブツブツ」って放っておくと悪化するらしい…

  2. オンナの宿敵「ほうれい線」を遠ざけるお手軽アプローチ

  3. おお…!毛穴のニョロニョロを取る「意外な洗い方」

  4. 顔変わるかも…!「黄金比率」がメイクにめっちゃ使える

  5. クリニック 集金人に騙されて時効になっていないNHK受信料を払い…

  6. 20代から…自分の胸がもう垂れ始めてるかもorz

おすすめ記事

  1. クリニック 集金人に騙されて時効になっていないNHK受信料を払いたくない
  2. NHK受信料をクレジットカードで払っていて解約する際の注意点
  3. NHKの職員が契約の確認で訪問してくるまえに準備すべきこと
  4. NHKの契約をしたけどもう見ない!ストレスフリーな解約方法を指南
  5. NHK受信料契約はクーリングオフできる!悪質集金人の手口とその対策を大公開

ページ上部へ戻る